毎日する洗顔だからこそ気を付けたい

 

「洗顔」は、毎日当たり前のように行うスキンケアですが、
意外と間違った「洗顔」方法をしている方が結構いらっしゃるようです。
間違った洗顔方法を続けてしまうと、シワができてしまったり、肌トラブルを引き起こす
原因にもなってしまいます。
今回は、NGな洗顔方法と正しい洗顔方法をご紹介します。

 

やってはいけない洗顔とは?

ダブル洗顔をしている

クレンジングの後は洗顔そするダブル洗顔。ちょっと前まではコレが常識でした。
私もそうしていました。洗面台にはクレンジングと洗顔料、2つそろえていました。

 

ですが最近、ダブル洗顔は「乾燥肌の原因」という考えが広がっています。
今ではクレンジングも進化しており、メイクを落とすだけでなく、同時に皮脂汚れや毛穴の汚れも落としてくれるというアイテムが続々登場しています。
お肌を洗い過ぎてしまいますと、お肌を守ってくれている大事な皮脂まで全て落としてしまいます。
乾燥肌の原因だけではなく、雑菌もお肌につきやすくなり、ニキビや肌荒れの原因になることも。

 

洗顔はお肌にとっていいこと、と思っている方は要注意!
洗顔はお肌に少なからず負担をかける行為です。
ですので、洗顔はできるだけ素早く、やさしく、丁寧に。
ダブル洗顔はせずに1回で終わらせることが、お肌に最小限の負担で洗顔を済ませるコツです。

 

 

ゴシゴシこすり洗いをしている

「ニキビにならないように」とか、「毛穴の汚れをとるために」という理由などで、
洗顔するときに、ゴシゴシと力を入れてこすってはいませんか?
これもお肌を傷めてしまいます。
顔の皮膚は、体の中でもっとも薄い皮膚。デリケートな部分です。
乱暴に扱ってしまうと、すぐに痛めてしまいます。

 

洗顔するときは、手早くしながらも、やさしく丁寧にが基本です。

 

 

クレンジングを少しの量で洗顔している

なるべくクレンジングを長く持たせようと、一回の使用量を少なくしている、という方結構いらっしゃるのではないでしょうか。
私も何度かやってみたことがありますが・・・
やっぱり、クレンジングの量が少なすぎてしまうと、指でお肌になじませるとき、顔に指の摩擦が直接伝わってしまいます。
この摩擦がお肌への刺激になってしまい、シワの原因になることも。
さらに、クレンジングの量が少なすぎて、汚れもきちんと落とせません。
私も結局2回洗わなくてはならない羽目になってしまいました。これでは本末転倒です。
クレンジングをするときは、適量を使うのがお肌のためなのですね。

 

 

お風呂の中で洗顔している

お風呂の中で洗顔している人、結構いらっしゃると思います。
クレンジングのおすすめサイトを見ていても・・・
「このクレンジングお風呂の中で使えて便利♪」とか、
「お風呂のなかで、クレンジングでパックすると温まって毛穴の汚れが落ちる」
とか、おススメされている方が多くいらっしゃいます。

 

ですが、お風呂の中って雑菌だらけですよね。
水分が多いうえに、石けんや皮脂汚れなどで次々雑菌が増えます。カビも生えやすい場所ですよね。
そんな場所でデリケートな顔を洗顔するのは、避けたほうが無難。
私はメイクしたまま入浴、洗髪して入浴後にクレンジングするようにしています。

ページの先頭へ戻る