やっていませんか?間違ったクレンジング選び

 

クレンジング選びの基準って何でしょうか?

 

メイクがとっても良く落ちる
洗い上がりがさっぱりする

 

この基準で選んでいる方は要注意です。
今回は、クレンジングの正しい選び方についてご紹介します。

クレンジングとはいったいどんなもの?

 

クレンジングの選び方に、なじ注意をしなければいけないのでしょう?
メイクがしっかり落とすこができればいいような気もしますが。

 

まずは、クレンジングっていったいどんなものなのかを簡単にご説明します。
クレンジングは、水やお湯でメイクを落とすものですよね。
メイクは油分が含まれています。
油分を含んだメイクを、水で洗い流している、ということになります。
油と水です。なじみませんよね。
この油と水をなじませる役割をしているのがクレンジングなんです。

 

油と水をなじませるためには、ある成分が必要です。
その成分が「界面活性剤」です。
「界面活性剤」は、油と水をなじませることができるので、
洗濯洗剤や食器洗い洗剤にも含まれています。
ここまで説明すればお分かりかと思いますが、「界面活性剤」は、
あまりお肌には良いものである、とはいえません。
洗剤で手が荒れた、ということはよく聞きますし、実際に手が荒れてしまう方も多いでしょう。

 

でも、クレンジングには「界面活性剤」は不可欠です。
そこで、考えたいのは、「界面活性剤」の質と量です。
量が多く含まれていれば、メイク落ちはすごくよくなりますが、お肌には悪い、ということになってしまいます。
質も問題です。悪い質の「界面活性剤」が含まれているクレンジングは、価格も安くなります。
安い価格に惹かれて、クレンジングを選ぶのも避けたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

クレンジングの形状によって見極める

 

クレンジングに含まれる「界面活性剤」の質と量に注意、という説明をしました。
実際、どうやって選んでいけばいいのでしょうか?
クレンジングも含めて、化粧品にはすべての成分が開示されています。
この成分をいちいち調べるのは大変です。

 

まず、簡単に見分けることができるのは、クレンジングの形状です。

 

ミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ
こちらの3つのタイプは界面活性剤は少なめです。

 

透明ジェルタイプは中程度に使われています。

 

リキッドタイプ、オイルタイプは界面活性剤はやや多めです。

 

ふき取りタイプは、界面活性剤の量が多いので、あまり使わないほうが良さそうです。

 

 

次に価格です。

 

あまり安すぎるクレンジングは、界面活性剤の質が悪いものが多いのでなるべく避けます。
できれば2000円ぐらいからそれ以上のクレンジングを選ぶと無難です。

ページの先頭へ戻る